2021/10/26 火曜日

柔道ミーティング

緊急事態宣言の解除を受け、柔道部が今後の活動についてミーティングを行いました。
IMG_4544.JPG

白波大喜キャプテン(柔道整復科2年・宮崎日大高)より
「当面はトレーニングルームにてフィジカルトレーニングを中心に活動する。感染症対策を徹底して練習していきましょう。」
と話がありました。
IMG_4547.JPG
<白波キャプテンの主な戦績>
宮崎県高校柔道大会 個人81垉藺茖碓漫金鷲旗高校柔道大会ベスト16
九州・西日本学生オープンボディービル・フィジーク選手権(令和3年度)西日本第8位(フィジーク部門)

今年度の新入部員は12名。照君(柔道整復科1年・宮崎県小林西高校)は、
「緊急事態宣言で身体が動かせなかった為、トレーニングをしっかりしていきたい。
目標は黒帯取得です」と抱負を語ってくれました。
IMG_7070.JPG
○令和3年度 新入部員の紹介<(  )内は出身高校>
前列左から
林君(熊本県秀岳館高)・筈見君(筑紫台高)・永岩君(鹿児島県鹿屋工業高)・江浦君(熊本国府高)
後列左から
照君(宮崎県小林西高)・松田君(宮崎県小林西高)・石田君(玄洋高)・布巻君(九産大九州高)・寶亀君(筑紫高)

IMG_4561.JPG
<柔道部からのお知らせ>
柔道部は17名(男子15名・女子2名)が在籍。現在、トレーニングルームでのフィジカルトレーニングをメインに活動しています。柔道やトレーニングに興味がある方であれば、学科・学年問わず部員を募集しています。一緒に身体を鍛えて充実したキャンパスライフをおくりませんか?

2021/9/24 金曜日

【コロナ禍で学ぶ医療系学生】診療放射線科3年生の撮影技術実習

Filed under: 診療放射線科, キャンパスライフ — yo @ 18:42:04

コロナ禍でも医療技術の修得に、実習は欠かすことができません。
診療放射線科3年生が、学校附属の臨床実習施設において撮影技術実習の授業を行っていました。
実際の医療現場と同様の感染症対策を施しながら、X線撮影・エコー・MRIなどを用いて、撮影手順を繰り返します。
IMG_4355.JPG
IMG_4356.JPG
IMG_4357.JPG
(写真は、骨盤のX線撮影-1.2枚目と腹部エコー検査-3枚目)

患者さんへの接遇にも気を使いながら、仲間同士が声をかけあい良い雰囲気の中で実習が進んでいました。

来春には卒業し、医療機関に就職していく3年生のみなさん。現場で使える撮影技術を身につけるために頑張っています。

2021/9/18 土曜日

【コロナ禍でも活躍する学生】理学療法科4年生 古井 萌さん

IMG_4346.JPG

小学校3年生からエアロビクスやダンスを学んできた理学療法科4年生の古井萌(ふるいもえ)さんは、コロナ禍に負けず、西日本新聞TNC文化サークルのK-POPダンス教室の講師として活躍しています。
IMG_4347.JPG

先日、脳性まひのプロマジシャン森裕生さんにK-POPダンスを教える機会があり、その時の様子が9月9日の朝日新聞に掲載されました。
IMG_4348.JPG

森さんが開設したYouTube「はんでいぎゃっぷちゃんねる」で実際の様子がご覧できます。曲は、韓国人気グループBTSの「Dynamite」。

古井さんは、踊れる理学療法士を目指し、日々国家試験合格に向けて頑張っています。

実際の様子をご覧になるにはこちら
IMG_4345.PNG

2021/9/7 火曜日

柔道整復科2年生が九州・西日本学生ボディービル&フィジーク選手権に出場しました。

2021年9月5日(日)、福岡国際会議場にて、南は沖縄から東は岐阜県までの学生が集まって、九州・西日本学生ボディービル&フィジーク選手権が開催されました。
その中、本校柔道整復科からも2年生3名が出場し、初参加ながら各自入賞と大健闘しました!
1_20210906_184945.jpg
観戦人数が制限される中、クラスメイトが応援に来てくれました。

2_IMG_4313.JPG
広大な国際会議場の3Fメインホールで開催。感染症対策もしっかりと施されていました。

3_IMG_4314.JPG
出場前のウォーミングアップをクラスメイトがお手伝い。

4_20210906_1914351.jpg
ド派手な演出で登場!

5_20210907_174345.jpg6_20210907_174321.jpg7_20210907_174303.jpg
3名とも驚きの仕上がり!😲

↓みんなの応援もあって、初出場ながら全員が入賞しました👍
8_BD666.jpg
(左)柔道整復科2年 白波 大喜君:フィジーク部門 西日本8位入賞
(中)柔道整復科2年 緒方 大稀君:フィジーク部門 九州10位、ボディービル部門 九州9位入賞
(右)柔道整復科2年 松永 昴士君:ボディービル部門 九州3位入賞

9_20210907_165840.jpg10_20210907_165551.jpg
特別ゲストの2019年世界ジュニア・フィジーク・チャンピオンである穴見選手と記念撮影!
穴見選手は福岡市出身で、学生時代は本校附属の福岡医療学院整骨院にコンディショニングケアで通ってくれていました。

11_IMG_4320.JPG
福岡医療らしい仲間想いの応援は、間違いなく会場No.1でした😊

想像を超える盛り上がりで、我々教員も学生から大きな刺激をもらう1日となりました。
学生生活もみんなで頑張りましょうね!

2021/8/27 金曜日

理学療法科1年生 実技練習風景

Filed under: 理学療法科, キャンパスライフ — yo @ 17:14:19

こんにちは。福岡医療専門学校入試広報課です。

今年の8月は雨ばっかりでしたね...
なんとなくすっきりしない日々が続いておりますが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?

今日は、理学療法科1年生の実技練習の様子をご紹介したいと思います。
1年生はまず、学内で基本的な技術を身につけ、その後、学外の臨床実習へ行きます。

この日、学生たちは「測定実技の練習」を行っていました。
「測定」は理学療法士にとってとても大切な技術ですので、正しい測定方法を身につける必要があります。

今回は、ゴニオメーターという関節の角度を測定する器具を用いて、関節の動く範囲(関節可動域といいます)の測り方を、また、メジャー(巻尺)を用いて上肢長や下肢長(要するに腕や足の長さです)の測り方を身につけるための練習を行いました。

↓まずは「前腕」です。前腕とは肘から先の部位を指します。手のひらを上に向けたり、下に向けたりする動きの関節可動域測定方法を学びます。
1_KJGS4427.JPG

↓次に肘の関節です。
2_ENWN5948.JPG

↓そして下肢長の測り方を学び・・・
3_RDTO4164.JPG

4_YCMA6649.JPG

↓さらには股関節の可動域測定方法を学びました。
5_URCK3947.JPG

入学して4か月ちょっとですが、一生懸命に努力して人体の構造に関する知識を身につけてきたことが、実技でも実を結び始めています😊

理論と技術をしっかりと結び付け、将来、患者様にとって最適な治療ができる理学療法士になってくださいね✨

※写真撮影日:7月29日(木)

2021/8/25 水曜日

ドクターハートのつぶやき

Filed under: プライベート — yo @ 10:44:14

ダイアモンドプリンセス号のコロナクラスター回避物語

福岡医療専門学校 顧問  桑木絅一(循環器専門医)
 
2020年2月3日、乗客・乗員3700名の豪華クルーザーダイアモンドプリンセス号に、700名余のコロナ患者が発生しました。停泊地が横浜港であった関係で、横浜市大救急部が対応することになりました。この多人数では当然、通常の救急入院では対応不可能です。そこで、層別して、考えることになりました。
まず、医療的緊急度と重症度によって、3組に層別しました。
PCR陽性、陰性にかかわらず、緊急治療が必要であると判断されたもの:横浜市消防局の救急車にて、地元横浜救命救急センターへ。則ち横浜市大関連救命救急施設へ、直ちに治療対応。
PCR陽性、有症状者:民間の救急車で県内、近県の救急病院へ。
PCR陽性であるが、バイタルが安定している:自衛隊のバスなどで、遠方の医療機関へ。
この振り分けに、横浜市大救急部が当たりました。

ここで注目して欲しいのは、患者選別もさることながら、近隣の医療施設や、自衛隊などを活用していることです。このことは、常日頃からの診療のみならず、あるいみ、政治的な関係構築がうまくいっていたということです。
横浜市大救急部に拍手。

2021/8/12 木曜日

数学蟻从DAYを開催しました!

こんにちは。福岡医療専門学校入試広報課です。
うだるような暑さの日が続いたかと思ったら、ここ数日はまるで梅雨末期かのような天気・・・
体調管理もなかなか難しいところですが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?

そんな中、本校は8/7(土)〜8/12(木)まで6日間連続のオープンキャンパスを開催しました!
毎日各種イベントを行いましたが、初日の8/7(土)は「数学蟻从DAY」!
本校の診療放射線科および看護科の入試は、試験科目に数学気魏櫃靴討い泙后

IMG_4224.JPG

👆当日の講義風景
数学蟻从は診療放射線科の学科長が担当しました。
実際に問題演習を行うのはもちろんのこと、問題の捉え方や解法のコツなど、いかに楽しく効率的に数学の問題を解くか、普段の数学の授業とは一味違う内容だったと思います。
今回参加してくれた皆さん、学んだ内容を参考にして受験勉強に励んでくださいね!

ちなみに、この「数学蟻从DAY」は8/21(土)にも開催します!
数学が苦手な方も得意な方も、ご参加をお待ちしております。
今までと違った視点で数学に取り組むことができるようになるかもしれませんよ😊

2021/8/6 金曜日

皆様へのお知らせ

Filed under: プライベート — yo @ 16:08:46

現在、福岡医療専門学校のホームページが、インターネットで検索した際、一時的に表示されない状態となっております。
つきましては、当面の間は以下のURLから直接アクセスしていただくようお願いします。
お手数をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

福岡医療専門学校トップページ
https://www.jusei.ac.jp/sp/

オープンキャンパス申込み
https://www.jusei.ac.jp/sp/event/#Cal

受験生サイト
https://www.jusei.ac.jp/sp/entry/guide.php

Web出願サイト
https://lsg.grapecity.com/jusei/app

〈PC版はこちら〉
福岡医療専門学校トップページ
https://www.jusei.ac.jp

2021/7/26 月曜日

スポーツトレーナーDAYを開催しました。

こんにちは!福岡医療専門学校入試広報課です。
毎日毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?夏バテしていませんか?

いよいよ、東京オリンピックが始まりましたね♪
コロナ禍で開催すら危ぶまれましたが、始まってみればそこはやはりオリンピック。
私たちも毎日、トップアスリートたちのオリンピックに懸ける想いに胸を打たれ涙し、ハラハラドキドキしながらテレビの前で応援しています。

そんな中、福岡医療専門学校では、7/22(木祝)、23(金祝)のオープンキャンパスで「スポーツトレーナーDAY」を開催しました!
来場者には、スポーツトレーナー教員によるフィジカルトレーニングと、理学療法科・柔道整復科・鍼灸科教員によるメディカルブース体験を味わっていただきました。

まずは柔道場でのフィジカルトレーニングです。
先生の説明をしっかりと聞いて、ストレッチからスタートします。

IMG_3444.JPG
IMG_3448.JPG
IMG_3445.JPG

その後、実際に身体を動かしてみました。

IMG_3446.JPG
IMG_3449.JPG

今回先生方が教えてくれたのは、俊敏性を向上させるトレーニングと体幹エクササイズでした。
簡単そうに見えますが、実際やってみると意外にキツい・・・
高校生たちも楽しみながら身体を動かしてくれていました。

その後、理学療法科・柔道整復科・鍼灸科の各学科ブースに分かれ、メディカル体験を行いました。

IMG_3450.JPG
理学療法科はアスレティックリハビリテーション体験。
レッドコードという器具を用いて、インナーマッスルを刺激し、重心バランスを改善します。

IMG_3447.JPG
柔道整復科は外傷処置体験。足関節のテーピングです。テーピングの種類と使用目的の違いについても学びました。

IMG_3451.JPG
IMG_3452.JPG
鍼灸科はスポーツ鍼灸体験。柔軟性を高める運動鍼を学びました。

本校の理学療法科・柔道整復科・鍼灸科ではスポーツトレーナーを選択受講することができます。
本科で医療に関わる国家資格を取得し、スポーツトレーナーでトレーニングに関わる資格「JATI-ATI(日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)」を取得することで、1ランク上のスポーツトレーナーを目指すことができますよ!

このスポーツトレーナーDAYは、8/10(火)、12(木)にも開催します!
トレーニングに興味がある方、運動好きな方、とにかく体を動かしたい方、皆様のご参加をお待ちしております。

※写真については、来場者の許可を得た上で掲載しております。

ドクターハートのつぶやき

Filed under: プライベート — yo @ 18:10:27

新しい病態“MINOCA”について
福岡医療専門学校  顧問  桑木絅一(循環器専門医)

 急性心筋梗塞は、冠動脈に発現した血栓によって冠血流が閉ざされ、潅流域の心筋が虚血、ひいては壊死に至る病気です。冠動脈造影により原因となった血栓影や、その名残などを描出することが出来ます。
 一方で、まれに、冠動脈造影でなんら異常を検出できず、心筋梗塞の原因が不明のままの症例が知られていました。これに対しては、造影時には原因となった血栓が溶解してしまった、冠攣縮など冠動脈を閉塞させるその他の原因があった、などが憶測されていましたが、不明のまま経過しているものがほとんどでした。
 最近になってこのような病態に、MINOCA myocardial infarction with non-obstructive coronary artery (冠動脈閉塞を伴わない心筋梗塞)という名称が提示され、広く認知されるようになりました。
 この病態は、急性心筋梗塞の8パーセント程度の多きにみられ、実は心筋梗塞の真の原因についてさらに詳細な検討が必要とされている、いわば未知の部分を含んだ、現時点での過渡的な診断と理解されています。
 心筋梗塞の発症機序に関しては、まだまだ未知のことが多く残されていて、今後さらなる検討必要である、ということでしょう。

« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.083 sec. Powered by WordPress ME.