2020/1/29 水曜日

ドクターハートのつぶやき

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 10:50:43

下肢静脈瘤に対するグルー(接着剤)治療
福岡医療専門学校  顧問   桑木絅一(循環器専門医)

下肢の静脈がボコボコに膨れ上がり、痛々しい様相の人に出会うことがあります。膨れ上がっている部分は、静脈瘤で、静脈の弁機能障害が主な原因です。それ自体は生命を脅かすものではありませんが、下肢のだるさや浮腫など不快な症状を呈することがあるため、症状の度合いによっては、治療を行うことになります。
その治療は、以前は静脈抜去術でしたが、最近では、レーザーや、高周波を用いた血管内焼灼術(熱により血管内を固める)が一般的です。
さらに近年、血管内に瞬間接着剤(シアノアクリレート)を注入し、血管を閉塞する方法(グルー治療)も導入されてきました。これは、患者さんの苦痛(血管痛や灼熱感など)、 が小さいこと、大掛かりな設備や多くの人員が必要ないこと、などの理由から、従来の血管内焼灼術にとってかわる勢いです。
しかしながら、この接着剤は、半永久的に体内に残り、このための遅延アレルギー反応など未解決の問題もあり、今後症例を重ねながら、それでも、下肢静脈瘤治療のスタンダードとなるでしょう。

2020/1/21 火曜日

校内スポーツ(フットサル)

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 11:24:54

昨日、屋上グラウンドにてクラス対抗校内スポーツ(フットサル)

が行われました(^^)v

IMG_4745_R.JPG

曇り空でしたが、寒さに負けず

熱いプレーと応援で盛り上がっていました!!!

屋上グランドは、平日・土曜9:00〜18:00までオープンしています。

部活動の練習だけでなく、運動不足解消、ストレス発散など

大いに活用してくださいね(*^▽^*)

IMG_4754_R.JPG

「審判たちもがんばっていました」

2020/1/6 月曜日

明けましておめでとうございます[2020]

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 9:35:14

新年、明けましておめでとうございます。

今年はどんな年になるでしょうか。

2020年がみなさんにとって良い年になりますように。
今年も福岡医療の最新情報をお届けしていきますので

どうぞよろしくお願いいたします(^^)v

IMG_4438.jpg

本日の正門前の様子。

たくさんの花たちが、学生のみなさんを迎えています。

今年も勉強に、遊びに・・学校生活をがんばりましょうね!

2019/12/19 木曜日

ドクターハートのつぶやき

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 14:32:47

小なりといえども、聴診器は、診断のための大なる役割を有す
福岡医療専門学校  顧問 桑木絅一(循環器専門医)

漫画的には、聴診器は、医者のシンボル的な小道具的として扱われています。
本来は、胸壁にチェストピースを当てて肺や心臓の音を聴いて診断する道具です。最近では、血圧測定に使用されるのが精一杯の出番で、本来の目的に使われることが少なくなっています。寂しいことです。
本日は、聴診器についてご紹介しましょう。
心臓の鼓動(ドックン ドックン)は、心臓の収縮・拡張に応じて、弁の開閉、心筋の緊張・弛緩により発現します。そのときに心音が発生します。心音は、タン トン、タン トン、と2拍子に聞こえるでしょう。タンの後、トンのまでに血液が勢いよく駆出されます(収縮期)。この時に、血流による雑音が生じます。トンの後、次のタンまでは、サイレントです(拡張期)。この間に次の収縮のために心臓は血液をためこみます。これらの心音・心雑音聴き取り、診断に活かすために、聴診器は活躍します。

肺の聴診に移りましょう。
吸気により、空気が吸い込まれ空気が気道を通るとき、静かなスースーといった呼吸音が聴かれます。そこに痰などの障害物や狭窄があると、そこでゼーゼーとか、ヒューヒューといった雑音が生じます。これを聴いて、肺炎や喘息を診断します。
最終的な病態診断には、レントゲン、CT、など近代医療機器の力を借りますが、その入り口として、聴診器は重要な役割を担っています。
医師に聴診されるとき、衣擦れや話し声など聴診の妨げになる音の発生を控え、正しい診断へのアプローチへの手助けとなるように、協力してください。

2019/12/10 火曜日

入学予定者登校日(^^)v

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 10:28:42

14日(土)は入学予定者登校日です。

課題の確認と解説、先輩との懇談会、入学予定者同士の交流など

さまざまなプログラムを準備して

教職員、学生一同みなさまをお待ちしております(*’▽’)

写真↓は昨年の様子です。
IMG_7396.jpg
IMG_7386.jpg

2019/10/21 月曜日

柔道整復科の学生たち(^u^)

Filed under: 柔道整復科, 鍼灸科, キャンパスライフ — yo @ 11:29:12

先日、鍼灸科の学術大会で発表は、

IMG_2080_R.jpg

IMG_2096_R.JPG

柔道整復科1年生たちが手伝ってくれました(^○^)

協力してくれたおかげで、いい発表ができた様子!

これからも学科の枠をこえた勉強、そして交流をひろげていってくださいね(^○^)
IMG_2100_R.jpg

2019/10/18 金曜日

ドクターハートのつぶやき

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 12:40:55

軽労作で息切れを感じる―――それは身体からの「SOS

顧問  桑木絅一(循環器専門医)

軽い労作で息切れを感ずる、それは心不全やその他の病態の初期「サイン」かもしれません。

〈息切れ〉が発見につながる主な病態としては、心不全、高血圧症、心房細動、呼吸器疾患、などがあげられます。

心不全(症状名です。病名ではありません)は、種々の心疾患にもとづいて発症する病態です。その心疾患としては、心筋梗塞などの虚血心疾患、弁膜症、拡張型心筋症、高血圧性心疾患、心房細動などの不整脈、など、日常治療の対象としている多くの心臓病です。

息切れは、呼吸器疾患や甲状腺機能亢進症、貧血など心疾患以外の全身性疾患でもよく見られます。

息切れが訴えられたとき、まず心疾患の診断を進めます。心疾患が除外されたとき、全身疾患の診断を進め、その原因を追究します。

息切れには重大な疾患が潜んでいることがあります。軽んずべからずです。

2019/10/4 金曜日

校友会のお知らせ

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 14:49:18

11/17(日)第28回校友会を開催します。

各方面で活躍している方々を講師としてお招きし、各分野の講演をしていただきます。

講演気詫学療法科・柔道整復科の卒業生を対象としたものです。

今後、柔道整復師も介護予防関連の知識が必須になると思われますので

ぜひご参加ください(^^)/

詳しくはこちら

2019/10/2 水曜日

ラーニングコモンズ(^^)/

Filed under: 理学療法科, キャンパスライフ — yo @ 9:03:04

放課後の校舎内をのぞくと、

ラーニングコモンズ(図書館内)で理学療法科の2年生たちが勉強していました。

IMG_2024_R.jpg

ラーニングコモンズでは、図書館内の資料を活用して

グループ学習やディスカッションができる部屋です。IMG_2019_R.jpg

自分たちで学習を進めることにより、より理解が深まるようです。

本校にはさまざまな施設・設備がありますが、最大限に活用してくださいね(●^o^●)

2019/8/30 金曜日

囲碁教室のお知らせ(●^o^●)

Filed under: キャンパスライフ, 部活動 — yo @ 15:18:46

IMG_9227.jpg

9月も囲碁教室を開催します。

初めての方でも楽しく学べるよう、講師の方に教えていただくことが可能です\(^o^)/

詳細は本校全体掲示板をご覧ください。

一緒に考える力を養っていきましょう!!

IMG_9234.jpg

« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.101 sec. Powered by WordPress ME.