2016/3/28 月曜日

「トリガーポイント鍼療法」

Filed under: 鍼灸科 スポーツ・美容鍼灸 — yo @ 9:13:19

皆さんこんにちは(^^入試広報課の木下です!!

今日は、鍼灸科スポーツ・美容の授業「トリガーポイント鍼療法」を紹介します!(^^)!

皆さんは普段、肩の痛いところを押されると・・・

「あーそこそこ、そこが痛い」と思った時はありませんか?

その痛みのポイントこそ「トリガーポイント」なのです!(^^)! 

IMG_8491_R.JPG

IMG_8477_R.JPG

1年生では痛みのある筋肉に正しく鍼を刺入できるか基本的なことを学んでいきます!!

将来スポーツトレーナーになりたい人には必須のテクニックではないでしょうか。 

トリガーポイント鍼療法を体験してみてください!(^^)!

 

2016/3/25 金曜日

症例報告会(●`・ω・´●)

Filed under: 理学療法科 — yo @ 12:57:06

理学療法科3年生が長期の病院実習を終え、

症例報告会を行っていたので突入!

IMG_8428.JPG

IMG_8424.JPG
みんなたくましいな〜* ̄ー ̄*)

IMG_8430.JPG

下級生も先輩の姿を見て来年はワタシたちだ!と気合いマンマン!!

理学療法士のたまごたち♡応援してますぞ(≧∇≦)ノ

2016/3/24 木曜日

看護のせんぱいたち\(^o^)/

Filed under: 看護科 — yo @ 10:57:24

先日、看護1・2年生を対象に就職説明会が行われました!

看護科を卒業した先輩たちから就職について話しを聞き

これからやらなければならないこと

今からやらなければいけないことなど

普段聞くことのできないお話しを聞くことができました\(^o^)/
IMG_2365_R.JPG

IMG_2371_R.JPG

IMG_2382_R.JPG

先輩たちのステキな姿♡

1年後、2年後の自分たちはどうなるんだろう・・・楽しみです\(^o^)/

2016/3/22 火曜日

パワートレーニング!!

Filed under: 柔道整復科 — yo @ 9:57:58

柔道整復科1年生、パワートレーニングの授業(`・ω・´)

IMG_8307_R.JPG

どんなに強く大きな筋肉をつけても、瞬間的に力を出すことができなければ

スポーツでは使えない身体となってしまいます。

今回の授業では、見た目の筋肉ではなく、

アスリートに必要な瞬発力を手に入れるトレーニング!!(*・ω・*)

IMG_8289_R.JPG

みんなガンバレ★

効果が高い反面、修得が非常に難しいのですが・・・・・

プロの講師陣が一つ一つていねいに指導します!

IMG_8345_R_R.JPG

女子でも大丈夫だ♡笑

2016/3/18 金曜日

打腱器を使って反応を見てみよう!

Filed under: 未分類 — yo @ 12:23:02

理学療法評価学気亮業に潜入してきました!ヾ(´▽`*;)ゝ”

今回は打腱器を使って反応を見る授業。

まず検査する前に必ずしなければならない大事なこと!

IMG_8202_R.JPG

インフォームドコンセント!

患者さんに説明して、同意を得ることが大事です。

その後に腱をたたいてどのように反応するのか確認していきます。

IMG_8219_R.JPG

この反応によって筋肉が悪いのか!?

脳や脊髄が悪いかをチェックします。

IMG_8232_R.JPG

IMG_8227_R.JPG

打腱器の持ち方やたたき方を間違えるとうまく反応が出ません。

簡単そうに見えて難しいもんだな〜

2016/3/17 木曜日

ドクターハートのつぶやき 心房細動

Filed under: プライベート — yo @ 10:59:17

心房細動は、比較的に多い、特に高齢者では多くみられる不整脈です。

心房は、血液を体循環へ拍出する「左心室」(ポンプ)の上流(左心房)、や肺循環へ拍出する右心室の上流(右心房)に位置します。

心房は、心室が拡張するときに収縮し、血液を心室へ送りこみます。心房の収縮、心室の拡張は、同期がとれていて、うまくかみ合うようになっています。

心房細動は、この心房が、「統制のとれていない、細かく震えている」状態です。

もはやポンプの役目は出来なくなり、単なる血液の通り道(導管conduit)、血液の貯留湖(reservoir)、と化します。

このため、心房内の血流は停滞し、淀み、凝血塊(血栓)を作りやすくなります。

また、心室への、上流からの「おしこみ」効果が減少し、心室の拡張期の容量が減じ、結果として、心室からの拍出量も減少します。

心房細動は、多くは無害性ですが、稀に生命を脅かす合併症を引き起こすこともあります。脳血栓などの血栓症や心不全等です。

先に述べましたように、血液の淀みが生ずると心房内に血栓が出来やすくなります。

心房の壁に血栓が発生し、へばりついて育ち、その表面の血栓が剥がれて血流に乗って、全身に運ばれることになります。

その血栓が、脳血管にとどまると、脳血栓症(脳梗塞)をひき起こします。

肺炎などで、高熱が出ると、呼吸・心拍数が増加します。

いわゆる頻拍性心房細動となります。更なるポンプ効率の低下、心拍出量の減少を来たし、

結果、尿量は減少、また、心臓の上流、肺にうっ血を来たします。即ち、心不全を発症することになります。

心房細動は、若い人では少ないものの、その若者もいずれ高齢者への道へ進むことは避けられないこと、知識として、蓄えておきたいものです。

2016/3/16 水曜日

臨床実験

Filed under: 診療放射線科 — yo @ 9:08:52

診療放射線科2年では、臨床撮影における重要点や注意点を、チーム別に検証実験を行っています。

今日の実験は、X線撮影は「胸部に始まり、胸部に終わる!」とどなたか偉い方が言われた胸部撮影です。

1.jpg

先ず初めに、胸部ファントム(人体胸部を模した人形)の位置合わせを行います。

2.jpg

次に、X線照射範囲位置を合わせます。

4.jpg

位置合わせが完了すると、X線撮影を行います。

撮影終了後は、現像⇒計測になります。

5.jpg

一方別のチームは、撮影系の解像度検証を行っています。

3.jpg

最後にグループごとに結果を纏め、発表します。

このような検証を繰り返し、授業で学習したことを基本に臨床で必要な技術や知識を身に着けています。

ある日の風景でした。

2016/3/14 月曜日

美容鍼灸セミナー

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 12:17:43

大阪から社)日本健美痩総合メディカル鍼灸協会理事、須賀清子先生が来校し、

卒業生、在校生を対象に美容鍼灸のセミナーを行っていただきました。

a.jpg

b.jpg

鍼灸師としての心構えから、患者様への対応、リスク管理、

実技も含め内容の濃い4時間のセミナーとなりました。

実技では顔面に対する基本施術を見せていただき、これが驚きの結果。

受講生もびっくり。その技術を学ぶため、受講生は必死に実技の習得に励み、

須賀先生に丁寧に指導して頂きました。

受講生も大満足。

須賀先生、遠い大阪から本校の為に本当にありがとうございました。

2016/3/10 木曜日

バンデ―ジを巻いてお出かけo(*⌒―⌒*)o

Filed under: 理学療法科, 看護科 — yo @ 10:25:38

理学療法科、看護科の学生は2チームにわかれてお出かけしてきました!

IMG_8406.JPG

1チームは足に巻いて福岡ドームまで・・・・♪(^∇^*)

IMG_8403.JPG

患者さんはバンテージを巻いて1日過ごされます。

歩くときにどのくらいの負担がかかるのか

また、外部からの目線はどのようなな感じかも体験します!

IMG_8394.JPG

ドームについたときにはヘトヘトでした(; ̄д ̄)

もう1チームはきき手に巻いてお昼ご飯を食べに♪

IMG_8407.JPG

IMG_8388.JPG

IMG_8385.JPG

ご飯を食べるときにどれだけ不自由なのか知ることができました。

また、上手く巻けていないと食べにくいってこともわかり・・・・

患者さんのために上手くまけるようになる!! と心あらたにしました!(●´∀`)ノ

2016/3/9 水曜日

リンパ浮腫治療セミナー★

Filed under: 理学療法科, 看護科 — yo @ 10:47:01

国家試験を終えた理学療法科、看護科の学生は

リンパ浮腫治療セミナーを受講しています!

IMG_1440_R.JPG

IMG_1444_R.JPG
IMG_1464_R.JPG

現在、がんの治療等により発症するリンパ浮腫に対して

治療できる専門技師が不足しています。

本校では、本場ドイツで学んだ専門の講師が実践できるレベルまで丁寧に指導していきます。

またこのセミナーで学んだことを実践し、活躍している卒業生もいます!

リンパ浮腫で困っている患者さんを助ける理学療法士、看護師になってほしいですね(^^)/

« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.887 sec. Powered by WordPress ME.